[マインクラフト][008] サトウキビを育て紙や地図を作る


マインクラフトではサトウキビから紙を作って地図を作ることができます。遠征していると、何処にいるかよく分からなくなるので重宝します。

1. サトウキビを入手する

まずはサトウキビを探します。水に隣接している砂地に生えているため、そういったエリアで探すと見つけることができます。

大量に探すのは結構大変なので、下の画像のように、水ブロックに砂ブロックを隣接させて、入手したサトウキビを配置すると栽培することもできます。

時間がたつと上に伸びていくので、一番下だけのこして上を収穫します。時間がたつとまた生えてきます。

2. サトウキビから紙を作る

作業台を使い、サトウキビ3つを横に並べると紙を3つクラフトすることができます。地図を作るのに紙が8つ必要なため、最低9個サトウキビが必要となります。

3. コンパスを作る

地図には「まっさらな地図」と「空っぽの地図」の2種類があり、「まっさらな地図」は現在位置と方角も地図上に表示してくれます。そのため、クラフトにはコンパスが必要となります。

コンパスは作業台でレッドストーン1つと鉄インゴット4つでクラフトできます。

ちなみに、コンパスをホットバーに持っていると赤い針が北を指してくれるため、今向いている方角が分かるようにないます。

4. 「空っぽの地図」を作る

作業台で紙を9個使い「空っぽの地図」を作ることができます。「空っぽの地図」は自分の場所が表示されない地図になります。

5. 「まっさらな地図」を作る

「空っぽの地図」とコンパスから「まっさらな地図」をクラフトすることができます。「まっさらな地図」は自分の場所が表示される地図になります。

また、「まっさらな地図」は作業台で紙8枚とコンパスからもクラフトすることができます。

6. 地図を使ってみる

地図を使うにはホットバーに配置し手に持つだけです。最初は白い地図ですが、自分がいる周辺の地図が出てくるので、探索すると地図が埋まっていきます。

地図を持ちながら歩いたりもできます。

地図にはレベルがあり、最初にクラフトした時はレベル1の地図になります。表示される範囲は狭く、近場だけの地図になってしまいます。
地図を拡張しレベルを上げると、表示される範囲が広くなっていきます。(最大でレベル4まで上げることができます)

7. 地図を拡張する

作業台で、地図を中央に置き、周りに紙を8枚配置するとレベルが1つ上がった地図をクラフトすることができます。

参考. 製図台について

製図台を作ると、地図のコピー、拡張、固定をすることができます。
特に、地図を拡張する際の紙の数が少なくて済むので、最初に製図台を作って地図を拡張するのもよいかと思います。

製図台は作業台で木材4つと紙2枚でクラフトすることができます。

製図台では以下のことができます。

・「地図」+「白紙の地図」で地図をコピー
・「地図」+「紙」で地図を拡張
・「地図」+「ガラス」で地図を固定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です