[マインクラフト][MakeCode][003] エージェントでブロックを配置する


マインクラフトを使ったプログラミング教育用に、MakeCodeを使ってエージェントでブロックを配置するチュートリアルを紹介します。

1. MakeCodeでコードを作る

以下の3つのチャットコマンドを作ります。

1-1. エージェントにブロックを置く設定を追加するコマンド

チャットコマンド”pd”に、「エージェント」内にある「エージェントの設定を追加[1. 動きながら置く]<真>」を配置します。このコマンドを実行すると、エージェントが移動するときにブロックを置くようになります。

1-2. エージェントを移動するコマンド

チャットコマンド”fd”に、「エージェント」内にある「エージェントを[前]に(3)ブロック移動させる」を配置します。

1-3. エージェントを自分の位置に移動するコマンド

チャットコマンド”tp”に、「エージェント」内にある「エージェントを自分の位置に戻す」を配置します。

全部作ると以下のようになります。

2. マインクラフトでチャットコマンドを実行

マインクラフトでチャットコマンドを使ってエージェントを動かしますが、最初にエージェントに土ブロックを持たせる必要があります。

エージェントを右クリックするとアイテム欄が開かれ、上半分がエージェントの持ち物になります。ここに「土ブロック」を何個か配置します。(15個ぐらいあると良いかと)

あとは、チャットコマンドを開き”tp”でエージェントを自分の位置に戻し、”pd”でブロックを配置する設定にします。最後に”fd”でエージェントを移動すると、移動しながらブロックを置いてくれます。

3. コードをカスタマイズ

エージェントの動きを複数組み合わせて、以下のようなコマンドを作ってみましょう。

①縦横3ブロックの正方形にブロックを配置してみる。

②階段状にブロックを配置してみる

動画

印刷用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です