Tesseract.jsを使ってブラウザだけでOCRする方法


WebサイトでOCRを実装する場合、サーバサイドかスマホ端末のブラウザ側で処理するかの2種類の方法があります。

ブラウザ側で処理する場合はスマホやPCなどの端末側で処理してくれるため、サーバ側のリソースが不要なメリットがあります。

ブラウザ側でOCR処理するOSSライブラリは「Tesseract.js」一択になると思いますが、ここでは、Tesseract.jsの使い方やチューニング方法、認識精度などを紹介したいと思います。

1. Tesseract.jsについて

TesseractはOSSの光学文字認識エンジンでApacheライセンス2.0で配布されています。Tesseract v4.0からはLSTMベースのニューラルネットワーク認識エンジンが実装されています。

Tesseract.jsはTesseractをJavascriptに移植したものになります。v1とv2があり、v2はTessearct v4.0に対応しています。

ここではTesseract.jsのv2を前提に記載しています。
公式ドキュメントはここを参照。

2. 実装方法

2-1. Tesseract.jsのインストール

CDNの場合は以下のように参照します。

<script src='https://unpkg.com/tesseract.js@v2.0.0-alpha.13/dist/tesseract.min.js'></script>

webpackを使う場合は以下のコマンドでインストールします。@nextを付けないとv1になってしまうため注意しましょう。

npm i -D tesseract.js@next

2-2. サンプルコード

サンプルコードは以下のようになります。(importはwebpackでの前提で書いているため、CDNの場合は不要です)
意外とシンプルにOCR処理を行うことが出来ます。

import Tesseract from 'tesseract.js'

const { TesseractWorker, OEM, PSM } = Tesseract;
const worker = new TesseractWorker();

myImage = document.getElementById('myImage');

worker.recognize(myImage, 'eng',{ // 1. 解析のオプションを指定して実行
    tessedit_pageseg_mode: PSM.SPARSE_TEXT_OSD, // オプション:ページ区切りモード
    tessedit_char_blacklist: 'e' // オプション:認識しない文字を指定
}).progress(function (p) { // 2. 解析中に実行する処理を記載
    console.log('progress', p)
}).then(function (result) { // 3. 解析完了後の処理を記載
    console.log(result); //コンソールに解析結果を出力
    xxx.innerHTML = result.hocr; //解析結果をHTMLに埋め込み
    worker.terminate();
});

2-2-1. recognize

recognize関数はOCR解析を実行します。

第一引数には対象の画像を指定します。img, video, canvasタグのエレメントをそのまま指定できます。他にもFileオブジェクト、Blobオブジェクト、画像のURL、Base64エンコードされたイメージファイルを指定することもできます。

第二引数には言語を指定します。英語の場合は’eng’、日本語の場合は’jpn’を指定します。

第三引数は任意にオプションを指定できます。オプションの詳細はここを参照。
よく使いそうなのは以下になります。
・tessedit_pageseg_mode・・・ページ区切りモードを指定。
・tessedit_char_whitelist・・・認識する文字を指定
・tessedit_char_blacklist・・・認識しない文字を指定
・tessjs_image_rectangle_left・・・OCRを行う範囲を指定(左端)
・tessjs_image_rectangle_top・・・OCRを行う範囲を指定(上端)
・tessjs_image_rectangle_width・・・OCRを行う範囲を指定(幅)
・tessjs_image_rectangle_height・・・OCRを行う範囲を指定(高さ)

2-2-2. progress

解析の進行の各フェーズで呼ばれるコールバック関数を設定できます。進行状況が知りたい場合は、ここでconsoleログを出しておいてもよいかと思います。

2-2-3. then

thenで解析完了後に実行するコールバック関数を設定します。

3. 認識精度

実際にTesseract.jsを使ったサンプルページを作りましたので、こちらでカメラまたはファイルから画像を読み込みOCRをかけることができます。認識精度はサンプルページで試してみると分かるかと思います。

⇒OCRサンプルページ

いくつか試した結果も以下にまとめますが、日本語は精度が悪く、英語は解像度がよければ制度はそれなりに良かったです。

3-1. 単純な数字の認識

単純な複数行の数字の羅列を試してみましたが、解像度が高ければ問題なく認識しました。ちなみに、日本語にすると認識率が悪くなりました。

■画像

■結果(英語、RAW_LINEで実行)
8735278436810829378468456490276482
9547328946823746748986247037487352
7843681082937846845649027648295473
289468237467489862470374

■結果(日本語、RAW_LINEで実行)
87352784368l0829378468456490276482
954フ328946823フ46748986247037487352
784368l082937846845649027648295473
289468237467489862470374

3-2. 表の中の数字の認識

表の中にある数字についても、pagesegモードによっては認識してくれます。

■画像

■結果(英語、RAW_LINEで実行) ※数字部分のみ抜粋

090—1234—5678
1,250Pa
012—3456789—12345

3-3. 英語の認識

英語の精度は上々です。

■画像

■結果(英語、RAW_LINE)

This is a OCR test.
Hello World.

3-4. 日本語の認識

日本語の文章を試してみましたが、誤った認識をしやすいため要注意です。

■画像

■結果(日本語、RAW_LINEで実行)

これはサンプ丿レ電文です。
今日も一日お疲れ様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です