google adsenseのwordpress用プラグインを使用していると、広告の表示場所を設定するときに「第2段落の上に表示されます」といった設定場所があります。しかし、実際に記事を書いてみると第2段落の上に表示されないことがあると思います。ここではadsenseが段落を識別する基準について説明しようと思います。

段落と認識するタグは<p>タグ

adsenseが段落として認識するのは<p>タグになります。これはwordpressでの改行を1段落と見なすということになります。(wordpressで改行を行うと、その区間が<p></p>で区切られるため)

段落として認識するのは100文字以上の場合

第2段落の上に広告を表示する設定をして、記事を2段落以上で記載したとしても広告が表示されないことがあります。どうやら100文字未満の段落は段落として認識しないようです。そのため、100文字未満の段落をいくつ作っても設定した広告は表示されません。

見出しをまたいでも段落のカウントはリセットされない

見出し(h1やh2タグ)を跨いでも段落のカウントはリセットされません。

例えば、第2段落の上に広告を表示するように設定し、図のような構成の記事の場合は見出し2の段落2が全体で見たときの第2段落となるため、この上に広告が表示されます。