Youtubeなどに動画を投稿する場合、テロップを挿入したり動画を結合/分割したりしたいと思います。今まではWindowsに標準でついていたムービーメーカーでこれらを行うことができたのですが、Windows10だとこれが提供されておらずWindowsの標準機能では動画編集が出来なくなってしまいました。

そのため、フリーソフトで動画編集を行うための方法を施行した結果を紹介します。

Adobe CS2のpremiereを利用する

AdobeのCS2はサポートはされていませんが、無償で提供されているため、これをインストールしてpremiereを利用することで無料で動画編集を行うことができます。

詳しい方法はこちらを参照。

ただ、Premiereは機能がリッチな分、インストールに時間がかかり、起動も重く結構メモリを使用します。もっと手頃に編集できるソフトが欲しかったの別の方法を探しました。

フリーソフトのAviutlを利用する

いろいろフリーソフトを調査しましたが、軽量かつ高機能ということでAviutlが最もよいという結論になりました。ということで、Aviutlを導入して最低限使えるまでにするための手順を紹介したいと思います。aviutlは本体とプラグインを組み合わせて使う形になります。

1. aviutl本体をダウンロードする

まずはAviutl本体をダウンロードして解凍します。解凍したらそこにaviutl.exeが入っているため、これを起動することでAviutlを使うことができます。

こちらのサイトからダウンロードすることができます。

2. 拡張編集プラグインを追加する

aviutl本体だけではテロップを挿入したり動画を分割、結合ができないため、「拡張編集プラグイン」もダウンロードします。本体と同じページからダウンロードすることができます。

拡張編集プラグインをダウンロードして解凍したら、そのファイルをaviutl本体直下に配置します。

3. L-SMASH Worksプラグインを追加する

aviutlは標準のままだと読み込める動画ファイルの種類が少ないため、L-SMASH Worksを追加します。

こちらのサイトからダウンロードすることができます。

ダウンロードしたファイルを解凍すると「lwcolor.auc」、「lwdumper.auf」、「lwinput.aui」、「lwmuxer.auf」の4つのファイルが入っていますが、これらをaviutl本体直下に「Plugins」フォルダを作成し格納します。

4. x264guiEx_2プラグインを追加する

aviutl標準では加工した動画の出力がavi形式のみで非圧縮になってしまうため、x264guiExプラグインを入れて圧縮した動画を出力可能とします。

こちらのサイトからx264guiEx_2をダウンロードして解凍します。解凍したフォルダに「auto_setup.exe」があるため、これを実行します。

以上で最低限使えるレベルの動画編集ソフトになります。ソフトも軽量ですぐに起動できるしメモリもあまり使わないためちょっとした動画編集にはよいソフトです。