GTMで用意された設定だけでは要件を実現できない場合は、カスタムHTMLタグを利用することで任意のjavascriptコードを実行できます。

ソースコードには手を入れずに実行可能なため、いろいろと重宝することが多いため、そのやり方を紹介します。

タグの種類に「カスタムHTML」タグを選択する

タグを作成する際に、「カスタムHTML」を選択します。

このタグは任意のHTMLコードをWEBサイトに埋め込むことができます。

HTML欄にscriptを記述する

カスタムHTMLの設定画面にHTMLを記述できるため、<script>タグで囲ってjavascriptコードを書くと、タグが実行されたタイミングでコードを実行することができます。

以上で任意のjavascriptコードを実行するためのタグが完成します。

トリガーは設定したい実行タイミングによって決定します。