GTMにGoogle Analytics(GA)のタグを追加する際に、「ユニバーサルアナリティスク」と「従来のGoogleアナリティスク」の2つがあり、紛らわしかったので2つの違いやどっちを選べばよいかをまとめました。

基本的には「ユニバーサルアナリティスク」を選択

現在の主流は「ユニバーサルアナリティスク」のため、相当昔のGAを使っていない限りは「ユニバーサルアナリティスク」を選びます。「ユニバーサルアナリティスク」は2014年に正式版が公開されているため、2014年よりも前にGAを使っている場合はどちらを選ぶのか自分のGAを確認するのがよいかと思います。

「ユニバーサルアナリティスク」と「従来のGoogleアナリティスク」の違い

「従来のGoogleアナリティスク」は2014年に「ユニバーサルアナリティスク」が公開される前のタグになります。GAは徐々にバージョンアップして仕様が変わっており、昔はga.jsというタグを組み込んでいたのですが、これが途中からanalytics.jsに変わっています。こういった仕様に伴い、GTMでもタグが途中から「ユニバーサルアナリティスク」に代わっていったのかと。

「従来のGoogleアナリティスク」かどうかの判断方法

現状使用しているGAのタグを確認して、タグの中でga.js読み込んでいれば「従来のGoogleアナリティスク」になります。analytics.jsを使っていれば「ユニバーサルアナリティスク」になります。

補足ですが、gtag.jsというグローバルタグもありますが、これはGTMからは利用できません。詳しくはこちらに記載がありますが、GTMを使っているのであればgtag.jsの機能は包含されているため使う必要がないため、「ユニバーサルアナリティスク」を使えってことですね。