Googleタグマネージャ(GTM)の導入と基本的な設定方法


GTMを使ってGoogleアナリティクス(GA)のPV計測を設定するための基本的な導入の流れを紹介します。

1. GTMアカウントとコンテナの作成

GTMを使うためにはアカウントとコンテナを作る必要があります。

アカウントは管理者と紐づき、コンテナはサイトと紐づくものになります。1つのアカウントに複数のコンテナを作ることができ、一人の管理者が複数のサイトを持っている場合は、サイトごとに1つのコンテナを払い出すイメージになります。

1-1. アカウントの設定

GTMサイトからGoogleアカウントでログインしてアカウントを作成します。

最初にアカウント名を求められますが、アカウント名は任意の名前でOKです。

1-2. コンテナの設定

コンテナ名も任意の名前でOKです。サイトの単位でコンテナを用意するため、サイトが一意にわかる名前がよいと思います。

「コンテナの使用場所」は通常のWebサイトの場合は「ウェブ」を選択します。

1-3. GTMタグをサイトに埋め込む

同意するとGTMタグが2つ表示されるので、これをサイトのHTMLに埋め込みます。

1つ目のタグは<head>内上部、2つ目のタグは<body>直後に貼り付けます。

以上でアカウントとコンテナが作られ、GTMの準備は完了となります。

2. GAのタグを追加してPV計測を行う

GAのタグをサイトに追加するためには、GTMの管理画面からGAタグ追加します。

2-1. タグを新規追加する

管理画面のトップページの左にある「タグ」を選択し「新規」を選択します。

タグには「タグの設定」と「トリガー」の2つを設定があります。「タグの設定」はGAなどのタグの種類やパラメータを指定します。「トリガー」にはそのタグが動作する契機を指定します。

「タグの設定」を選択してタグの設定をします。

GAのPV計測を設定する場合はタグタイプに「ユニバーサルアナリティスク」を選択し、トラッキングタイプに「ページビュー」を選択。

Googleアナリティスク設定にはGAのトラッキングコードを設定しますが、これには変数を定義する必要があります。

Googleアナリティスク設定プルダウンから「新しい変数」を選択すると、変数の設定画面となりますので、変数の種類を「Googleアナリティスク設定」、トラッキングIDにGAのトラッキングIDを、Cookieドメインには「auto」を選択します。その後、画面右上にある「保存」を選択します。

次にトリガを設定します。トリガを選択すると「トリガーの選択」画面が表示され、「All Pages」が選べますので、これを選びます。

「All Pages」は任意のページが表示されたタイミングでタグが動作するトリガーになります。

2-2. プレビューで動作確認

ホーム画面のプレビューボタンを押すとプレビューモードになり、同じブラウザの別タブでGTMを埋め込んだサイトを開くと設定の動作確認ができます。

サイトを開いて画面下部に「Google Tag Manager」のエリアが表示されればプレビューモードで動いています。

GAのリアルタイムなどで実際にPVが計測されるか確認します。

2-3. 公開する

ホーム画面の「公開」ボタンで一般向けにも設定を公開します。これを行わないとタグが有効化されません。

公開する際には、バージョン名と説明を入力しますが、内容は任意となります。バージョン名は管理しやすい命名規則を考えておくと良いかと思います。

以上で、GAの一般的な設定のPV計測の設定が完了になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です