昔はサイトにGAタグを直接埋め込んでいたのですが、最近はGTMを使うことが主流なため自分のブログもGTMに移行してみました。GTMについてはいろいろ検証しながら詳しくなったので、ノウハウを書き溜めていこうと思います。

本ページではそもそもGTMとはといったところを書いております。

タグとはサービスを利用するための埋め込みコード

Google Analytics(GA)を使ったことがあるとイメージが付くと思いますが、GAを利用する際にはサイトのページ(HTML)にjavascriptのコードを貼り付ける必要があります。

<!-- GAの埋め込みコード例 -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxx-x"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-xxxxx-x');
</script>

GA以外にも同様にjavascriptコードを埋め込んで利用するサービスが色々あり、このjavascriptのコードをタグを呼びます

一般的にはタグとは「各媒体・サービスを利用するために必要なプログラムコード」を指します。

タグマネジメントとは複数のタグを一括管理するための仕組み

タグが少ない時代は個々のタグをサイトに埋め込んでも成り立っていたのですが、最近は利用するタグが増えてきたため管理できない量になってきてしまいました。そのため、タグを一括して管理するためのタグマネジメントが生まれました。

タグマネジメントはWebサイト内に書かれている複数のタグを一括管理することを指します。具体的にはタグの設置・変更・テスト・バージョン管理などの運用などを行います。

最もよく使われるタグマネジメントサービスがGTM

タグマネジメントのサービスはいくつかありますが、最もよく使われるのが「Google Tag Manager(GTM)」です。次が「Yahoo! タグマネージャー」になります。GTMは無料で利用することがでるのが大きいですね。

GTMを使うメリット

GTMを使うメリットはいくつかあります。

1. タグの追加・変更・削除が管理画面から行える
サイトに直接タグを埋め込む場合は、タグの追加・変更・削除を行うたびにアプリケーションの改修とリリースが必要となりますが、GTMを使う場合は最初にGTMタグをサイトに埋めるだけで、その後のタグの追加・変更・削除はGTMの管理画面から行うことができるようになります。

2. タグの変更をバージョン管理できる
タグの変更のバージョン管理と複数人で作業をするためのワークスペース機能があります。

3. タグの変更をプレビューモードでテストできる
タグを変更した際にはぶっつけ本番ではなく、プレビューモードを利用して自分のブラウザのみ変更を反映して動作させてることができます。