Gatlingを使えばあるシナリオをランプアップなどの負荷の条件を指定して実行することができるのですが、複数の異なるシナリオを同時に実行する方法がいまいちよく分からず、試行錯誤やいろいろ調べて実現した方法を紹介します。

Gatling実行中にもう一つGatlingを立ち上げるとエラーとなる

一番最初に思い付いたのはGatlingのシナリオを複数作っておいて、必要な同時実行のシナリオ分だけGatlingを実行して同時にかけるという方法でした。が、いざ試してみるとGatlingを実行後にもう一つGatlingを立ち上げると新しく立ち上げた方がエラーとなってしまいました。

Gatlingを複数プロセス立ち上げるのは想定していないか禁止しているということですかね。

Gatlingのフォルダをコピーすることで同時実行が可能となる

Gatlingをルートフォルダから丸っとコピーしてもう一つフォルダを作ります。それぞれのフォルダの実行ファイルを同時に起動してみたら特にエラーなく同時実行することができました。

そのため、必要な同時実行のシナリオの数だけGatlingのルートフォルダを用意して、それぞれ実行していくことでシナリオのミックス試験を実現することができます。

正直これが正しいやり方かはよく分からないですが、一番手っ取り早く実現できる方法でした。