ASUSの14インチのノートPCをメインで使っているのですが、持ち運ぶ時に大きい重いで不憫を感じていたため、軽量コンパクトでWindows10が入っている安くて実用性のあるノートPCを探してASUSのT101HAに行きつきました。ここでは、使ってみた感想やレビューを書きたいと思います。

T101HAの概要

T101HAはWinidows10の入っているASUSの2 in 1 タブレットになりいます。2 in 1なので本体とキーボードを分離することができます。

外観は重さは約1kgでサイズは10.1インチになります。

CPUはAtom x5-Z8350でメモリは2GB、ストレージはeMMCで64GBになります。

amazonだとメモリが4GBの限定モデルを購入できる

Windows10だとメモリが2GBでは正直きついので4GBは欲しいところです。T101HAは通常2GBメモリですが、amazonだと4GBのモデルが約3万5千円で購入できます。(執筆時点の価格)

自分は7月のプライムデーのセールで2万8千円で購入することができました。

バッテリーは約13時間

満充電で約13時間使用できるようです。実際ほとんど充電なく何日も使えており、ノートPCに比べて大分長く使うことができます。

ちなみに、電源を入れたままノートPCのように折りたたむと自動的にスリープになります。この状態でしばらく時間がたつとシャットダウンされるようで、つけっぱなしでバッテリーが枯渇していっということは今のところないです。

10.1インチのサイズ感

10.1インチだと正直小さくて使いづらいのか懸念がありましたので、購入してみたサイズ感を書いておきます。

14インチのノートPCと比べるとこんな感じです。

HHKBと比べるとこんな感じのサイズ感になります。

実際に使ってみるとキーボードは少し小さい感触はありますが、特に問題なくタイピングは行えました。画面もやや小さめですが、PCとして問題なく使えております。

サイズが小さいため殆どのカバンに入れることができ、電車でも座っていれば出して使えるのでちょっとしたした出先やカフェで作業をするのに非常に便利です。

CPUは弱いがディスクがeMMCなので軽快に動く

ディスクはeMMCなので起動はかなり早いです。シャットダウン状態から電源を入れて10秒ぐらいで使える状態になります。

CPUは弱いので、Photoshopなどのソフトを動かすと重いのですが、出先でブラウザを使った作業等は差し支えなく使える感じです。

ディスク容量は多くもなく少なくもなく

ディスク容量は64GBです。写真や動画を大量に入れることには向いていないですが、そこはクラウドストレージでカバーすれば特に差し支えない容量です。

以前HPの32GBストレージの小型PCを購入したのですが、Windows10にアップグレードしたら通常使える容量が数GBになりほとんど使い物にならなくなってしまったことがありました。

そのため、Windows10を使うのであればストレージは最低64GBあることが望ましいです。

総括

価格が3万円弱で出先で差し支えなく作業できる端末が手に入ったので、個人的には非常に満足のいく買い物でした。

また、持ち運びサイズのWindows10の端末を買う場合は、メモリ4GB、ストレージ64GB(SSDかeMMC)以上あることが望ましいため、端末を探すときの参考にして頂けると幸いです。