Androidのプロモーション動画を作る時など、アプリの画面操作の動画を作りたいことがあります。方法はいろいろありますが、これまではroot化したり専用のアプリを入れたりといろいろと準備が大変でした。

Android4.4からはScreenrecordという機能が標準で搭載されたため、この機能を使って他のアプリなど入れずに画面の動画をキャプチャーすることができるようになりました。ここではその方法を紹介します。

キャプチャをするための手順は以下のようになります

1. PCとAndroid端末をUSB接続する(端末はデバックモードにしておく)

Android端末は開発者モードにして、開発者オプションでデバックモードにしておきます。端末とPCをUSBで接続してPCから端末を認識します。認識しているかはコマンドプロンプトでadb devices等のコマンドを使えばわかります。

※認識されない場合はPCに端末用のドライバがないことが原因の場合がありますので、必要に応じてドライバをインストールする

2. adb shellを使ってscreenrecordを実行する

コマンドプロンプトから以下のようにadb shellを使ってscreenrecordを実行できます。コマンド実行後に行ったAndroid端末での操作が動画ファイルに保存されます。

adb shell screenrecord --bit-rate 10000000 --time-limit 15 /sdcard/capture.mp4
--size 解像度(指定しない場合は端末の画面サイズえキャプチャされる)
--bit-rate ビットレート(指定ない場合は4Mbps)
--time-limit 録画時間(秒)

PCに動画をコピーする

screenrecordで保存した動画はAndroid端末にあるためadb pullを使ってファイルを持ってきます。

adb pull /sdcard/capture.mp4 C:\Users\xxx\Desktop\capture.mp4