夫と妻(専業主婦)で家を持分共有した場合、妻は「すまい給付金」の対象となるか


家を購入した際に、住宅ローン控除はよく聞きますが、他にも住宅購入の補助として「すまい給付金」というものがあります。

「すまい給付金」は一定額以下の所得層が住宅取得時に貰える補助金になりますが、持分共有で所得0の専業主婦が住宅購入した場合は対象になるのか?という疑問があり確認したため、その結果をまとめたいと思います。

「すまい給付金」とは

詳細はここが詳しいですが、「すまい給付金」は消費増税対策の一環として作られた制度です。住宅ローン減税は所得の低い方には効果が少ないため、そいうった一定以下の所得層に住宅ローン減税とは別に現金を給付するという制度になります。

消費税10%の場合は最大で50万円貰えるため、対象となる場合は是非申請しましょう。

ケース

今回想定しているのは以下のようなケースになります。妻の両親から住宅資金の援助があり、共有名義で住宅を購入した場合などが該当するかと思います。

  • 夫はサラリーマン
  • 妻は専業主婦(所得0)
  • 住宅を持分共有(共有名義で購入)
  • 住宅ローンは夫のみ組んでいる

「すまい給付金」は夫婦それぞれで対象となるかどうか確認し、両方が条件を満たせば夫婦両方でもらうことができます。そのため、それぞれのケースで説明していきます。

夫が「すまい給付金」を貰える条件

詳細な条件はこちらを参照ください。夫が「すまい給付金」を貰えるかは年収により、ざっくり書くと、消費税8%の時は年収が510万円以下、10%の時は775万円以下が給付対象となる目安になります。

妻(専業主婦)が「すまい給付金」を貰えるか

本題ですが、住宅を共有名義で購入した所得0の妻が「すまい給付金」を貰えるかです。結論ですが、50才未満かつ住宅ローンを妻が組んでない場合は妻は給付対象外となります。

給付対象の主な要件ですが、「住宅の所有者」「住宅の居住者」「収入が一定以下」、ここら辺の条件はクリアします。

しかし、「住宅ローンを利用しないで住宅を取得する現金取得者については、年齢が50才以上の方が対象」という条件があるため、妻が50才未満で住宅ローンを組んでない場合は対象外となります。

逆に、妻が50才以上の場合は対象となる可能性が高いので、詳しく確認してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です