府中郷土の森バーベキュー場でテント設営の練習

Pocket

来週、お隣さんと初のファミリーキャンプに行くため、事前にテントの設営の練習をしたいと思い場所を探してみました。

多摩川沿いで都心からアクセスなら府中郷土の森バーベキュー場が最適

いろいろ調べると「府中郷土の森BBQ場」が良さそうでした。

理由は駐車場無料、場所代無料、事前予約不要でデイキャンプができるためです。

シーズンの休日なら8時前を目指す

バーベキュー場は8時オープンなので、駐車場の混雑を懸念して、8時到着を目指しました。

駐車場は野球場の隣の下図の場所にあり、8時前でも入ることができます。

駐車場は2階建てで、到着したときには1階の6割が埋まっている状態。調べるとシーズンでは9時には満車になるようです。

バーベキュー場は駐車場から歩いて1-2分のところにあります。

バーベキュー場は広く気兼ねなくテントを設営できる

8時でも木陰は多少埋まってましたがそれ以外はガラガラでした。

テントとタープを張るので木の下は無理なため、木陰に荷物を置きその横で設営。

他にもタープやテントでペグ打ちしているグループが沢山いたので気兼ねなくテントの練習ができました。

また、駐車場とバーベキュー場の間にトイレ、自販機、水道があるので、洗い物などは大分楽です。

川遊びができるので、水着と網と虫かごがあるとよい

バーベキュー場の目の前が多摩川なので子供と川遊びもできます。

小魚も沢山泳いでいたので、網や虫かごを持っていくとよいと思います。

テント設営で分かったこと

これは今後の自分への備忘も込めて、学んだことを書き留めておきます。

  • テント設営には意外と時間がかかる。慣れていないこともあり、設営に2時間程かかった。
  • ゴムハンマーだとペグがなかなか刺さらない。結構砂利が多く、途中で石に当たるとゴムでは負けてしまい苦戦。
  • テントの横に大きめのシートを敷くと便利。テントの設営や片付時に、汚さないですむ。
  • エントリーパックTTのタープのベルトがテンションをかけると伸びてしまう。
  • 当日の朝準備すると慌てて忘れ物をしてしまう(油、タレなど)ため、前日の夜に荷詰めするとよい。
  • 炎天下の設営は思ったより辛い。まずは木陰などを確保する。(木陰の近くに設営、タープを先に立てるなど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です