△ファミキャン△

今年(2018年)から家族4人でファミリーキャンプを始めたため、いろいろ調べた内容や道具を使ってみた感想などを残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ランタンの種類と特徴のまとめ

Pocket

ランタンを購入する際にいろいろ種類があり悩み調べたため、それぞれの特徴をまとめます。

大分類 中分類 小分類 特徴
LEDランタン ・光が人工的
・主にテント内で使用
火のランタン ガス CB缶 ・種類が少なく明るいものがない
・ランニングコストが安い
OD缶 ・主流で種類が多い
・ランニングコストが高い
ガソリン ・ランニングコストが低い
・メンテナンスが大変

大きくはLEDと火の2つのタイプがある

大別すると電池で光るLEDか燃料を燃やして光るタイプがあります。

LEDは価格も安く扱いも簡単ですが、光が弱いのと人工的な光なので雰囲気に難ありといった感じです。主にテント内での使用に使われることが多いです。

火を使うタイプは価格が高く扱いがやや難しいですが、光が強く自然な光なので雰囲気がよいです。主に外を照らすときに使います。テント内では火は危険なので基本的に使用しません。

ということで、まずはLEDランタンが必須で、外を明るく照らすために火のランタンもあったほうがよいという感じになります。

火を使うタイプはガスとガソリンの2種類

ガスを使って火を灯すタイプはメンテナンスが楽で、ガス缶を他の用途と兼用できるので収納的にもメリットがあります。ただし、ガソリンと比べるとランニングコストがやや高く、燃焼時間もやや短めになります。(コストも時間も微々たる差ですが)

ガソリンの場合は燃焼時間が長くランニングコストも安くなりますが、初期費用が高くメンテナンスに手間がかかり、着火にも手間がかかるといった難点があります。

明るさや火の雰囲気は同じなので個人的には手軽なガスのタイプをオススメします。

火のランタンはマントルが必要

火のランタンは必ずマントルを付けて使います。マントル無しでランタンをつけるとただ火が出るだけで明るくなりません。

マントルは下の写真のようなもので、これを燃焼させて灯りをつけます。

マントルを下の写真のようなにランタンに取り付け、チャッカマンなどで火をつけます。

火はマントルに広がり下の写真のように灰のような状態になります。(空焚きといいます)

これで準備が完了。マントルは破れるまで使い続けることができます。灰になったマントルは触るとすぐに破れるので触れないようにしましょう。

マントルは消耗品なので、破れたら買い換える必要があります。

ガスはCB缶かOD缶の2種類

ガスで火を灯すタイプはCB缶を使うものとOD缶を使うものがあります。

写真の左がCB(カセットボンベ)缶、右がOD(アウトドア)缶です。

CB缶は安くてどこにでも売っておりガスコンロと併用できて便利ですが、低温に弱い、大きい、対応しているランタンが殆どないといったデメリットがあります。

ランタンの主流はOD缶を使うものになります。OD缶の方がコンパクトで低温に強く燃焼時間も長いメリットがありますが、値段が高いのが難点です。殆どのランタンはOD缶専用になります。

変換器も売っているので、自己責任でOD缶用ランタンでCB缶を使うこともできます。

火のランタンの明るさはマントルの大きさで決まる

火のランタンの明るさはほぼマントルの大きさで決まるようで、カタログ値が良くてもマントルが小さいと実際は暗いようです。なので、明るさを求めるのであれば大きいマントルを取り付けるランタンを選ぶようにしましょう。

CB缶のランタン

CB缶のランタンでよく売っているのは、ユニフレームの「フォールディングガスランタン」とSOTOの「フォールディングランタン」の二つです。

どちらもマントルが小さく、明るいランタンを求めるなら向いていませんが、コストを考慮してCB缶でランタンを使いたいという場合には良いかと思います。

次へ 投稿

返信する

© 2018 △ファミキャン△

テーマの著者 Anders Norén