OneDrive上にgitリポジトリを構築

gitリポジトリを個人の開発用にどこかに立てたかったのですが、git-hubとかくを無料で使おうとすると公開リポジトリにする必要あったり、数の制限あって微妙だったので何かないかと検討。

自宅PCにリポジトリ立てても、HDD故障したときにデータ失いそうなので、OneDrive上にgitリポジトリを作ってみました。以下がその時のメモ。(OSはWindowsでOneDriveアプリをインストールしている前提です)

1) OneDrive上にリモートリポジトリを作成する

最初にOneDrive上に空のリポジトリを作成します。
コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

> cd [OndDrive上のリポジトリを作成したいフォルダ]
> git --bare init --share

 2) 資材のあるフォルダにローカルリポジトリを作成する

端末上の管理対象の資材のあるフォルダにローカルリポジトリを作成します。
コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

> cd [資材のあるフォルダ]
> git init

 3) リポジトリの設定を行います

originとその他必要そうな設定をします。

> git remote add origin [1)で作ったOneDrive上のリポジトリフォルダ]
> git config branch.master.remote origin
> git config branch.master.merge refs/heads/master
> git config --global push.default simple
> git config --global core.autoCRLF false
> git config --global user.email [メールアドレス]
> git config --global user.name [ユーザ名]

4) 資材をローカルリポジトリに登録し、その後リモートリポジトリに登録します

> git add .
> git comimt -m [コメント]
> git push origin master

とりあえず、一人で使う分にはこれで十分使えています。

複数人の場合上手くいくかはどうだろうか・・・