ムッシューの日記

2人の子供とのお出かけネタから趣味の釣りネタなど

東京から金沢旅行に行くときのアクセス方法と自動車で行くときのコスパ最適ルート


先日、三井松島の株主優待券を使うため、東京から車で金沢旅行(正確には能登半島の千里浜)に行ってきました。1人なら新幹線か飛行機を使うのですが、家族4人のため自動車で節約することに。

そのときにいろいろ調べたので、東京から金沢旅行に行く際のアクセスについてまとめます。

1. アクセス方法ごとの料金比較

1-1. 航空機

羽田から直行便で行けます。乗っている時間は一番短いのですが、料金は往復で2.6万円/人程度、4人家族で約10万円かかかります。

1-2. 新幹線

こちらは往復で2.8万円/人程度、4人家族で約11万円かかります。

1-3. 自動車

4人でのコストでは断トツで安く行けるのが自動車。距離は430kmぐらいなので燃費20km/l換算でガソリン代は6880円程度。

高速代はルートを後述しますが往復とも休日の場合は約10,000円程度。

合わせると4人家族で約1.7万円で行くことができます。また、現地での足にもなるので、レンタカー代などの節約にもなります。

2. 自動車で行く場合の最適ルート

自動車で行く場合に時間と料金のバランスが取れたルートを探しましたが最終的には以下のルートとなりました。

  1. 高井戸ICから中央道に乗る
  2. 松本ICで降りて下道で飛騨清見ICまで(道中に安房峠道路と高山清見道路を通る)
  3. 飛騨清見ICから東海北陸自動車道で福光ICまで
  4. 下道で金沢へ

地図だと以下のようなルートになります。所要時間は6~7時間程度。

道中に松本市や白川郷を通るので寄り道の観光を出来るのも自動車のメリット。

3. 寄り道観光

3-1. 松本市

松本市で下道に降りるため観光ができます。移動日はそこまで時間もないので、松本城と旧開智学校を観光しました。

駐車場は松本城付近にコインパーキングがいくつかあるのでそこに駐車。大体800円ぐらいかかりました。後で旧開智学校に無料駐車場があるのがわかりました…orz

まずは旧開智学校の駐車場が空いているか確認するとよいかと思います。

松本城は天守閣が残っており姫路城並みに立派でした。

旧開智学校は昔の小学校で、明治時代初期の教育に使っていた教科書やポスター、教室なのが見れて、机の落書きなども生々しく意外と面白いです。

丁度昼食時になったので、蕎麦を食べて再度出発。

3-2. 世界遺産 白川郷

こちらは帰りに立ち寄りましたが、世界遺産で有名な白川郷が道中にあります。

東海北陸自動車道を途中で一度降りてアクセスできますが、自分は金沢から下道で白川郷まで行き、白川郷から高速に乗りました。

金沢から白川郷は下道で1時間半ぐらいです。

白川郷は平日でも観光客で賑わっており、想像以上に広く楽しめました。3時間ぐらい滞在して帰路につきました。

4. 自動車でいってみた感想

コストは断トツで安く寄り道も出来て面白かったのですが、6、7時間の運転は多少きつかったです。

子供も退屈してしまうので、暇つぶしの道具は何かしらあるとよいかと思います。

余談ですが自分の自動車で千里浜なぎさドライブウェイを走れるのはなかなか良かったです。


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 ムッシューの日記

テーマの著者 Anders Norén