ムッシューの日記

2人の子供とのお出かけネタから趣味の釣りネタなど

【外構】お隣との境界にフェンスを作った時の流れ


前回、ホームセンターでフェンスの相見積もりをして島忠ホームズに発注をして、この間フェンスが完成しました。それまでの流れを書きたいと思います。

見積書が届いたらホームセンターに行き半額を支払う

外構の現調の後に見積書が届いたらホームセンターに行き半額を支払います。事前に全額を支払ってもよいそうですが、事前は半額で完成後に問題がなかったら残りを支払うパターンが多いようです。

支払い後に工務店から電話が来るので工事日を調整する

支払いが終わった数日後に工務店から電話がかかってくるので、工事の日取りを調整します。工事自体は1日で終わるので、サラリーマンなら土日のどちらかが多いかと思います。

工事当日は最初と最後に立ち会う

工事は朝から夕方までかかるので、朝来てもらったタイミングと完成後に立ち会いを行います。

私の場合は9時に来てもらって夕方4時までかかりました。

朝の立ち合いは詳細の合わせと水道/電気の確認

朝の立ち合いの時にはまず完成イメージの合わせを行いました。合わせた内容は以下のような内容です。

  • フェンスを付ける位置の再確認
  • 敷地境界ギリギリにするのか5mmぐらい後ろに下げるのか
  • フェンスのブロックは2段だが、1段目をどの程度地面に埋めるか

また、施工中は電気と水道が必要らしく、コンセントの位置と水道の位置の確認もしました。

施工中の様子

今後のDIYの参考にと施工中もちょくちょく様子を見ていたのでその時の写真です。

まずは敷地境界に水糸と木の板を引き、そのあとに地面を掘ってそこに砂利を敷き、その上に鉄筋とモルタルを敷いています。

モルタルを敷き終わったらその上にブロックを並べて行っています。

ブロックの継ぎ目と上にセメントを詰めていき、2段目のブロックを乗せていきます。

ブロックの穴にセメントを詰め、フェンスのポールを固定します。固定されたらポールにフェンスを付けて完成

完成後の立ち合いでは成功後の状態に問題がないかチェックする

完成後は状態を確認して問題がないか判断します。また、先方のチェックシートもあるので、これを確認してサインをしたりします。

 

 


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 ムッシューの日記

テーマの著者 Anders Norén