ムッシューの日記

2人の子供とのお出かけネタから趣味の釣りネタなど

ソフトウェアRAID(mdadm)でdegradedが出たときの復旧方法


Raspberry PiサーバでUSB2台のソフトウェアRAIDを組んでいたのですが、ある日からStateがdegradedになってしまいました。

/dev/md/0 : clean, degraded
          Raid Level : raid1
        Good Devices : /dev/sda1

調べてみると、どうやらUSBが1台RAIDから外れているようです。
コマンドで詳細を確認すると、アクティブデバイスがsda1だけになっていました。(sdb1がいない)

$ sudo mdadm --detail /dev/md0
/dev/md0:
...
Raid Devices : 2
Total Devices : 1
...
0 8 1 0 active sync /dev/sda1
2 0 0 2 removed

というわけで復旧。以下のコマンドでsdb1をRAIDに追加します。

$ sudo mdadm /dev/md0 --add /dev/sdb1
mdadm: added /dev/sdb1

これで暫く待てば復旧しました。

復旧中は以下のコマンドで状態が分かります。recovery = xx%の数値がリカバリ状況です。

$ cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sdb1[2] sda1[0]
 7557376 blocks super 1.2 [2/1] [U_]
 [>....................] recovery = 1.5% (118656/7557376) finish=12.5min speed=9888K/sec

 


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2017 ムッシューの日記

テーマの著者 Anders Norén