ムッシューの日記

2人の子供とのお出かけネタから趣味の釣りネタなど

こども保険はお得なのか計算してみました


子供が生まれるとよく聞く「こども保険」ですが、お得なのかどうか今一よくわからなかったので調べてみました。

いくつかシミュレーショしてみると、

・保険の要素が多いと元本割れ(支払額より少ない額が戻ってくる)

・保険の要素が少ないと、元本+気持ち程度が戻ってくる
(18年間で約130万円支払って3万円多く返ってくる程度⇒年利0.2%程度。
保険会社によって変わりますが)

といった感じでした。ここで言っている保険の要素が多いとは、親が死んだら養育用に毎年50万貰えたりとか死亡保険的な要素です。掛け捨て保険分がマイナスになるといった感じでしょうか。

年利0.2%であれば自分で運用した方がよいという場合もあるので、子供の養育資金の自己管理が面倒だったり、生命保険代わりという考えであれば入ってもよいのかなといった感じです。

かんぽ生命の学資保険の場合

3歳の子供がいる計算でシミュレーションすると、毎月支払額は5900円(トータルの支払額は127万円)、祝金の合計は130万円なので、多少プラスになりました。
保険契約者(通常は親とか)が死んだら以後の払い込みはなしで、同様の祝金が発生します。

東京海上日動の場合

3歳の子供がいる計算でシミュレーションすると、毎月支払額は10,958円(トータルの支払額は250万円)、祝金の合計は200万円なので、50万円のマイナスになりました。
保険契約者(通常は親とか)が死んだら毎年50万円を受け取れる等、死亡保険の条件がその分よいです。

 


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2017 ムッシューの日記

テーマの著者 Anders Norén