「情報セキュリティスペシャリスト(SC)」試験が廃止され「情報処理安全確保支援士」へ

最近急増しているサイバーセキュリティへの対策として、2017年に「情報セキュリティスペシャリスト(SC)」試験が廃止され「情報処理安全確保支援士」になるらしいです。

今年の春にSCに合格したばかりなのでどうなるか気になったので少し調べてみました。

  • 試験はSCがベースとなるので、名前がSCから「情報処理安全確保支援士」に変わる感じ
  • 現在SCの資格を持っていれば、申請して「情報処理安全確保支援士」に登録できる
  • 新規で受ける場合は、SC相当の試験を受けて合格後に登録できる。
  • 未登録者はSC合格者と同等の扱い。
  • SCは一度取得すればずっと有効ですが、「情報処理安全確保支援士」は3年ごとに更新が必要となる
    (セキュリティ関係はイタチゴッコで日々変化しているので、継続して勉強が必要なためかと思われます)
  • 更新はIPA主催又は指定の講習を受講することで可能。(受講料が気になるところ)
  • 登録された「情報処理安全確保支援士」は登記簿に載り検索できる
    (セキュリティ人材を探しやすくするため?)

といった感じです。詳細はまだこれから整理されていくと思うので、来年またチェックかな。