ムッシューの日記

2人の子供とのお出かけネタから趣味の釣りネタなど

OSMを使ったアプリを配布するときの注意事項


地図を使ったアプリを開発して配布しようと思ったのですが、google mapは使用量が発生するためオープンオースであるOpen Street Map(OSM)とJavascriptのオープンソースであるOpen Layersを使って開発してみました。

が、どうやらOSMの地図データ自体は無料で使えるのですが、アプリ等を配布してOSMのサーバにアクセスするのはNGみたいです。

以下に記載があります。

http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%A6%8F%E7%B4%84

OSMの地図を提供しているサーバのリソース自体は有限であるため、アプリなどで配布して大量にアクセスされるとOSMのサーバリソースが逼迫するとのことで、これが確認されるとアクセス禁止にされるようです。(なのでアプリの地図画面が途中で表示されなくなるなどといった状態になると思います)

代替え案には以下の2つがあるようです。

  • OSMの地図データを使ってサービスを提供している企業のサービスを利用する
  • 個人用のサーバにOSMサーバを構築する

前者はGoogle Mapと同様にアクセス数に応じてライセンス料が発生します。というわけで個人用サーバにOSMサーバを構築するのを試みようと思います。

個人用サーバにOSMサーバを構築する手順は以下に公開されています。

Manually building a tile server (14.04)


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2017 ムッシューの日記

テーマの著者 Anders Norén